事業案内

心ネットグループについて

  • 理念

    心の通う、人づくり

    人はひとりでは生きて行けない。自然を共感し、流されず、さからわず、朋に支え、
    和を以って栄養する。

  • 介護方針

    気配り 目配り 手配り 孫の手介護

    痒い所に手の届く孫の手のような援助・孫のような温かい幸せを感じられる援助・
    細やかな気配り・安心できる目配り・行き届いた配慮の手配り

  • 社訓

    自ら進んで成し遂げる

    目標を掲げ、計画を企て、やりきる事で成果を得る。また、身の回りの環境を
    変化させることが出来る。自己啓発に努め、自己成長を促す。

  • 心得

    心労は口に出さない

    その環境にいる者まで体験する事もなく、発語したものの主観に染まり環境を
    病弱状態に導引することになる。

    考察は行動にあらず

    考えていました、わかっています等行動に結びついていないことは実践にならない。
    したがって、環境を無気力・不活性な状態に導引する事になる。

私共は「心の通う人づくり」をグループの理念として掲げています。
21世紀は心の時代、と声高々に言われていますが、世の中ではDVや犯罪の多様化・低年齢化など、社会の抱える問題は大きくなる一方です。人との関わり方が希薄となり、自分さえ良ければ、と相手を思いやる気持ちを養えないまま大人になっていく子供たちが増えている時代とも言えます。今、私たち大人がどう行動すべきか、どう接するべきかと日々考えさせられます。そして、幼い頃から思いやる心を身につけ、心身ともに大きく成長し社会に羽ばたいていけるように何かお手伝い出来ないかと思い「ボランティアの育成」という事をグループの原点として活動しています。ボランティア活動を通して、「自ら進んで成し遂げる」というボランタリティの精神を養い、「自己責任とは」「思いやるとは」「もったいないとは」という気持ちをしっかりと築き、1人1人が、自分にも周囲の人にも優しく暖かく、時には厳しく接する事の出来る人となって将来活躍して欲しいと願っています。殺伐とした時代だからこそ、人と自然と環境、いうなれば生きとし生けるもの全てにおいて、じっくりと見つめなおす必要があるのかもしれません。
ボランティア事業と同時に、教育と福祉の観点から、高齢者福祉事業にも力を発揮しています。皆様が慣れ親しんだ地域で、今まで以上に安心して暮らせるように、との思いを込めて、まだまだ微力な私共ですが、地域社会に恩返しさせていただいているところです。
心と心が通い合うにはお互いを信頼し、助け合いの気持ちを持つ事が大切であり、同時に個々の心も元気で豊かであることが望ましいと思っています。グループに関わる1人1人が今以上に自らを高め、更により良い人材を育成し、ともに成長する。そしてこの方針に賛同される皆様のお力により、今後も幅広いサービスが実施できる機能を活かした、総合的なネットワークの構築を発展させるべく努めております。これから先、ますます笑顔で暮らせる住みよい社会・街づくりを皆様と”朋”に創造出来ればと願っています。

心ネットグループ沿革

  • 特定非営利活動法人 桃太郎ハンズ
  • 社会福祉法人 生き活き館
平成11年 12月法人設立
平成12年 2月 桃太郎ハンズ津山 開設
4月 桃太郎ハンズ岡山 開設
4月 桃太郎ハンズ玉野 開設
   玉野ボランティア
   活動研修センター 開設
平成13年 9月 法人設立
平成14年 4月 生き活き館岡山 開設
平成15年 12月 ケアポート生き活き館岡山 開設 4月 生き活き館津山 開設
平成16年 4月 グループホーム生き活き館津山 開設
平成18年 5月 ケアポート生き活き館新見 開設
10月 ケアポート生き活き館野田 開設 7月 サンパレス倉敷 開設
平成19年 4月 ケアポート生き活き館倉敷 開設
12月 ケアポート生き活き館津山 開設
平成20年 5月 ケアポート生き活き菅生 開設
平成21年 7月【厚生労働省】
障害者自立支援調査研究プロジェクト 開始
10月 新見市高齢者センター指定管理 開始
11月 生き活き館新見デイサービスセンター
平成22年 4月 ケアポート生き活き館原尾島 開設
10月 ケアポート生き活き館神郷 開設
平成23年 4月 ケアポート生き活き館巨瀬 開設
平成24年 6月 サンパレス岡山 開設
平成25年 3月  Social Firm 玉野田井 開設
平成26年 10月 Mehya Pho 開設

新着情報